ローン中のキャラバン売却、査定

ローン中、ローン残のある車(キャラバン)を売却することは出来るの?

 

 

 

ローン中の車を売却する際には、これだけは確認しておきたい事が、車検証の使用者名義です。
車検証の「所有者の名義又は名称」の欄が自分名義になっているのか、それとも自分以外の名義になっているのかですね!

 

 

 

ローンを組んで車(キャラバン)を購入している場合でディーラーでローンを組んだ方は特に名義がディーラー名義や信販会社の名義になっていることがあります。
ディーラーの自動車ローンを組んだ方は名義が自分以外になっていることがありますが、ローン、銀行などでローンを組んだ方は、自分名義になっていると思います。

 

 

 

この車検証の所有者の名義又は名称の確認がローン中、ローン残のあるキャラバンの売却の際には重要になります。
自分名義ならローン中であろうが、売却することは簡単に出来ます、ただし売却価格とローン残の差額には注意してください。
ローン残が売却額よりも高い場合は、車が無くなった後もローンを払い続けることになります。

 

 

 

逆に所有者名義が、自分では無い場合ですね!この場合は、まずは名義を自分名義にしなければ基本、売却することが出来ません。
では、自分名義に変える方法は?
ローン中のキャラバンを自分名義に変えるには、ローンを完済するか、ローンを組み直すかですね!

 

 

 

まずは、ローンの完済で自分名義にしてからでないと売却することが出来ません。ローンを完済できるお金を用意する必要になります。お金が用意できない場合は、ローンを組み直すことになりますね!

 

 

 

ローン中のキャラバンの売却は、名義次第では手間がかかることになりますね!
手間を掛けてでも売却する必要にある方は、まずは、車買取査定サイトで査定依頼してみてローン中の車の売却方法などを相談してみてはいかがでしょうか?
ローン中の中古車の売却方法や名義の変更方法などを教えてくれますよ!

 


ローン中のキャラバン売却の注意点

ローン中のキャラバンを処分、売却したい方

 

 

 

ローン残があるキャラバンを売却してローンをなくしたい方

 

 

 

ローン中の車の売却方法を知りたい方に、ローンがある車を売却する際の注意点を紹介しています。

 

 

 

まず、ローン中のキャラバンの売却で注意したいのが、

 

 

 

1、ローン残積=買取価格

 

 

 

2、ローン残積<買取価格

 

 

 

3、ローン残積>買取価格

 

 

 

3つ目のローン残積が売却価格、買取価格よりも多い場合です。

 

 

 

ローン中の車の売却は、名義人などの問題で、ローンを精算してからでないと名義変更が出来ないケースも多く、まずは、今あるローン残を精算する必要が出てきます。

 

 

 

1と2では、売却した価格でローン残を精算できるので問題ありませんが、

 

 

 

3の場合、売却してもローンが残るのでローンをキャラバンを処分した金額で精算することが出来ません。

 

 

 

この場合、自分で足りないお金を用意する方法とキャラバンの売却先によってはローンの組み直しをしていることもあります。

 

 

 

ただ、このローンの組み直しをした場合、キャラバンを処分して無くなった後もローンだけ残ることになります。

 

 

 

車はないがローンの支払いが残るのでとても辛いことにもなります。

 

 

 

ですので、3の場合は、出来れば処分を見送ることをおすすめします。

 

 

 

どうしても処分しなくてはいけない場合は、処分を急がずに、出来るだけ高く買取してくれる業者を探し、ローン残を少しでも少なくすることを優先してください。

 

 

 

ローンを組み直す場合でも金利や手数料などが高くならないことを確認しましょう!

 

 

 

ローン中のキャラバン買取価格を少しでも高くするのなら一括査定がおすすめです。